電車と接触2人死亡、10代か

 
 広島県警本部

 21日午後7時35分ごろ、広島県東広島市のJR山陽線西高屋―西条の線路内で、大野浦発白市行き普通電車(6両編成)が人と接触したと運転士から連絡があった。県警などによると、10代とみられる女性2人がはねられ、現場で死亡が確認された。ともに中学生か高校生とみられ、県警は自殺とみて詳しい状況を調べている。

 運転士はJR西日本に対して「2人は抱き合って立っていたように見えた」と説明。非常ブレーキをかけたが間に合わなかったと話している。

 事故の影響で、一部の区間の上下線で一時運転を見合わせ、最大約140分の遅れが発生した。