米、3連続0・75%利上げ

 
 FRBのパウエル議長(ロイター=共同)

 【ワシントン共同】米国の中央銀行に当たるFRBは21日、金融政策を協議する連邦公開市場委員会で、主要政策金利について通常の3倍となる0・75%の引き上げを決めた。0・75%の利上げは6、7月に続き3会合連続。物価高を抑えるため、3月まで事実上ゼロだった政策金利は年末に4%を超えると予測。大幅な利上げを続ける方針だ。

 急速な金融引き締めは個人消費を冷やし、景気を悪化させる副作用もある。FRBのパウエル議長は記者会見で、物価を安定させつつ景気減速を抑える「ソフトランディング(軟着陸)は非常に困難だ」と述べた。日米の金利差拡大により円安が進行する可能性がある。