鉄パイプ百本落ち4人けが、新潟 マンション建設現場

 

 22日午後1時45分ごろ、新潟市中央区万代5丁目のマンション建設現場で、金属製の鉄パイプ約100本が高さ約60メートルから落下、歩道にいた作業員1人と工事建物内にいた作業員3人に当たった。新潟県警によると、4人は負傷したが、いずれも命に別条はない。歩行者にけが人はいなかった。

 鉄パイプは長さ約1・5メートル、直径約5センチ、重さ約5キロ。工事中のマンションの19階付近から落下し、約半分が地上に落ちた。使わなくなった鉄パイプを下ろす作業中で、県警が詳しい状況を調べている。

 4人は歩道にいた30代の男性作業員と、18階で作業をしていた20代の外国人男性3人。