今冬のLNG融通を確認 官民会議、逼迫に備え

 
 エネルギーの安定供給について協議する経済産業省幹部(右側)と電力・ガス業界の代表者(左側)ら=21日午前、経産省

 経済産業省は21日、電力・ガス業界の代表者らを招き、今冬のエネルギー安定供給を実現するための会議を開いた。発電の燃料や都市ガスの原料となる液化天然ガス(LNG)の輸入がウクライナ危機などで滞る事態を想定し、在庫を企業間で融通する新たな枠組みについて確認。需給逼迫に備えた体制構築を目指す。

 会議には電気事業連合会の池辺和弘会長(九州電力社長)や日本ガス協会の本荘武宏会長(大阪ガス会長)に加え、電気・ガス大手の幹部らが参加。緊急時に業界横断でLNGの在庫をやりとりするための連絡体制などを整える。