エベ・デボナフィニさん死去 アルゼンチン人権団体会長

 
 演説するエベ・デボナフィニさん=2016年8月、アルゼンチン・ブエノスアイレス(AP=共同)

 アルゼンチンの人権団体「5月広場の母たち」会長のエベ・デボナフィニさんが20日、ブエノスアイレス郊外ラプラタの病院で死去した。93歳。長女が明らかにした。

 同国メディアによると28年12月、ブエノスアイレス郊外エンセナダ生まれ。軍事政権下の77年、20代の長男と次男が弾圧の対象となり相次いで拉致され行方不明に。大統領府前の「5月広場」で抗議活動を開始し、行方不明者の母親で「5月広場の母たち」を創設、世界的に有名になった。

 97年、ペルー・リマで起きた日本大使公邸人質事件の最中に現地で調停を申し入れた。団体の公的基金不正流用疑惑にも問われた。