野党、首相の任命責任追及へ 「決断遅く国政停滞」

 
 会談に臨む自民党の高木国対委員長(中央左)、立憲民主党の安住国対委員長(同右)ら=21日午前、国会

 野党は21日、寺田稔氏の総務相更迭に関し、岸田文雄首相の判断の遅れを批判した。立憲民主党の安住淳国対委員長は「首相の決断は遅きに失した。国政が停滞したと言わざるを得ず、任命責任を厳しく問う」と記者団に述べた。

 「死刑はんこ」発言により葉梨康弘前法相を11日更迭したのと同時に寺田氏を代える必要があったと強調。「もっと早く事態収拾に動くべきだった」と厳しく指摘した。

 共産党の穀田恵二国対委員長は「首相の任命責任は極めて重大だ。謝罪と説明を求める」と記者団に語った。