コンビニ売上高、6・9%増 10月、行楽需要で弁当好調

 
 大手コンビニ3社の看板。上からセブン―イレブン、ファミリーマート、ローソン

 日本フランチャイズチェーン協会が21日発表した主要コンビニ7社の10月の既存店売上高は、前年同月比6・9%増の9307億円となり、8カ月連続で前年を上回った。10月に始まった政府の全国旅行支援などを追い風に行楽需要が高まり、弁当やおにぎり、揚げ物、ソフトドリンクが特に好調に推移した。

 既存店の来客数は1・2%増の13億680万人で6カ月連続のプラス。1人が1回の買い物で使う金額を示す平均客単価は5・7%増の712円20銭で、2カ月ぶりに上向いた。協会担当者は、冷凍食品需要が依然として高いと説明。旅行先などで買い物する人も増えたという。