楽天・松井裕、現状維持2・5億 来季が4年契約最終年

 
 契約更改交渉を終え、来季の抱負を書いた色紙を手にする楽天・松井裕=21日、楽天生命パーク宮城(代表撮影)

 楽天の松井裕樹投手が21日、仙台市内の球団事務所で契約更改交渉し、現状維持の年俸2億5千万円プラス出来高払いでサインした。今季は32セーブで3年ぶり2度目のパ・リーグ最多セーブに輝いた。来季が4年契約の最終年となる。

 史上最年少となる27歳での通算200セーブへ、あと3に迫る。「そこを目標に置くシーズンではないと思っている。軽く通過点として超えられるようにしていかないと優勝、胴上げ投手にはなれない」と高みを見据えた。

 来年3月開催のWBCについては「当然選ばれたい。求められている自分の姿をもう一段階レベルアップさせて準備したい」と話した。(金額は推定)