米ディズニー、前CEOが復帰

 
 米ディズニーのCEO職に復帰したアイガー氏=2019年12月、米ロサンゼルス(AP=共同)

 【ニューヨーク共同】米娯楽・メディア大手ウォルト・ディズニーは20日、ボブ・チャペック最高経営責任者(CEO)が即日退任し、ロバート・アイガー前CEOが復帰すると発表した。任期は2年間。動画配信サービスが重荷となり、株価が低迷していた。

 スーザン・アーノルド取締役会会長は「業界は複雑さを増す変革期にあり、アイガー氏が会社を引っ張るのにふさわしい」と説明した。アイガー氏は2020年まで15年間CEOを務め、映画製作のルーカスフィルムや21世紀フォックスの娯楽部門を買収。19年11月には動画配信サービス「ディズニープラス」を始めた。