オモテナシ月着陸断念 通信異常で制御不能に

 
 月面に着陸する超小型探査機オモテナシの想像図(JAXA提供)

 宇宙航空研究開発機構(JAXA)は22日、地上との通信が途絶えていた超小型探査機OMOTENASHI(オモテナシ)の月着陸を断念すると発表した。日本の探査機としては初の快挙となるはずだった。機体の片面にある太陽電池が太陽の反対を向いていて機能せず、地上からの通信で姿勢や軌道を修正することができなかった。

 JAXAは通信トラブルに対応するため当初の計画を大きく変更し、時速180キロを超える高速で月面に落下する方策も検討した。タイムリミットを遅らせて通信の回復を22日未明まで試みたが果たせず、計画そのものを諦めた。