米大統領、七面鳥「恩赦」 感謝祭前の恒例行事

 
 米ホワイトハウスの南庭で、七面鳥恩赦式を開いたバイデン大統領(右)=21日(共同)

 【ワシントン共同】米国で多くの家庭が七面鳥料理を囲む24日の感謝祭を前に、バイデン大統領は21日、ユーモアを込めて七面鳥への感謝を示し、食卓に並ぶ運命から救う恒例の「七面鳥恩赦式」をホワイトハウスの南庭で開いた。

 中間選挙で野党共和党が振るわず、シンボルカラーにちなむ「赤い波」が起きなかったことを念頭に「赤い波が来るのは愛犬が(七面鳥料理に添える)クランベリーソースの瓶をひっくり返す時だけだ」と冗談を飛ばし、会場の笑いを誘った。

 今回の対象は「チョコレート」と「チップ」と名付けられた2羽。南部ノースカロライナ州の大学施設で余生を過ごす。