「4千件やった」関電社員

 
 逮捕された田中信人容疑者(右)=21日、警視庁丸の内署

 企業のウェブ採用試験を志願者の代わりに受験したとして警視庁が逮捕した大阪市の男が「約4年前から4千件ぐらい代行した」と供述していることが22日、警視庁への取材で分かった。警視庁によると、男は関西電力の社員田中信人容疑者(28)=大阪市北区。「学生や企業に悪いことをし反省している」と容疑を認めている。

 警視庁は受験を依頼した大学4年の女子学生(22)=東京都=も22日、私電磁的記録不正作出・同供用の疑いで書類送検した。容疑を認め「自分で受験したのは不採用ばかりだった。今後は自分の力で行動する」と話している。