五輪談合疑惑、ADK側が公取委に自主申告

 

 東京五輪・パラリンピックのテスト大会を巡る入札の談合疑惑で、落札企業の一つの広告大手ADK側が公正取引委員会に対し、独禁法の課徴金減免制度に基づき受注調整があったと自主申告していたことが22日、関係者への取材で分かった。