近くの車、事故映像を記録 アクセル踏み間違いか

 

 福島市で歩道に突っ込んだ軽乗用車が女性をはね死亡させ、自動車運転処罰法違反(過失致死)容疑で無職波汐国芳容疑者(97)が逮捕された事故で、近くにいた車のドライブレコーダーが女性のはねられた状況を記録していたことが22日、福島県警関係者への取材で分かった。映像からは軽乗用車がかなりの速度を出していたとみられる。

 車は歩道の街路樹2本をなぎ倒すなどしており、県警は容疑者がアクセルとブレーキを踏み間違えた可能性もあるとみて捜査。現場手前の縁石や樹木にもこすったような痕があり、車が歩道に乗り上げた経緯も調べる。