IAEA、イラン核合意違反報告 ウラン濃縮拡大

 
 IAEAのグロッシ事務局長

 【ウィーン共同】国際原子力機関(IAEA)のグロッシ事務局長は22日、イランが中部ナタンズの施設に加え、中部フォルドゥの施設でも濃縮度60%のウラン製造を始めたと加盟国に報告した。核兵器級の90%に近づく重大なイラン核合意違反に当たる。関係筋が明らかにした。

 イラン核合意は濃縮度の上限を3・67%と定めている。核合意修復に向けた米国とイランの間接協議は停滞しており、さらなる悪影響を与えそうだ。

 核合意当事国の英国、フランス、ドイツは22日の共同声明で「イランは核合意の形骸化を大きく進めた」と非難した。