宮城の養鶏場で鳥インフル 約2万1000羽、殺処分開始

 

 宮城県は23日、気仙沼市の養鶏場で高病原性が疑われる鳥インフルエンザの発生を確認したと発表した。この養鶏場で飼育する約2万1千羽の殺処分を始めた。

 県によると、22日に養鶏場から「死んでいる鶏が増えている」と連絡があった。遺伝子検査で陽性を確認した。