中日・柳は微増1億800万円 清水は4倍以上の3200万円

 
 契約交渉を終え、記者会見に臨む中日の柳=23日、ナゴヤ球場

 中日の柳裕也投手が23日、ナゴヤ球場で契約交渉に臨み、800万円増の年俸1億800万円で更改した。選手会長を務める7年目の来季には「タイトル争いができるぐらいの数字を残したい」と力強く語った。

 25試合で9勝11敗。昨季2・20だった防御率は3・64となり反省しつつも「規定投球回数を投げられたのは良かった」と振り返った。横浜高の先輩、涌井秀章投手の加入には「うれしいけど負けないように頑張らないと」と表情を引き締めた。

 自己最多54試合に登板した清水達也投手は今季の4倍以上の3200万円でサインし「もっと信頼される投手になりたい」と話した。(金額は推定)