ドイツに「大きな試練与えた」 E組混戦と米メディア

 
 日本に逆転負けし、ユニホームを脱ぐドイツのGKノイアー=ドーハ(共同)

 【ニューヨーク共同】サッカーW杯カタール大会で日本が強豪ドイツに勝利したことについて、米メディアは23日「ドイツに大きな試練を与えることになった」(CNNテレビ)と驚きをもって伝え、日本が所属するE組は混戦になったとの見方を示した。

 CNNは、ドイツの方が好機を多くつくり出したが、日本は限られたチャンスを着実に得点に結びつけたと分析。「この結果を予想した人はほとんどいなかっただろう」とも指摘した。

 ニューヨーク・タイムズ紙は「E組ではドイツとスペインが決勝トーナメントに進むと誰もが予想していた」ものの、今回の結果で行方は分からなくなったとの見方を示した。