福島の車暴走、男が容疑認める 97歳「帰宅途中だった」

 
 波汐国芳容疑者が事故を起こした現場付近=19日、福島市

 福島市で軽乗用車が歩道に突っ込み、歩行者の女性をはねて死亡させた事故で、自動車運転処罰法違反(過失致死)の疑いで逮捕された同市の無職波汐国芳容疑者(97)が「事故を起こしたことは間違いない」と容疑を認めていることが24日、福島県警への取材で分かった。

 県警によると、容疑者は「市内の外出先から帰宅途中だった」と供述。県警は車が歩道に突っ込んだ経緯を調べている。

 事故は19日午後4時45分ごろ、大型スーパー脇の市道で発生。車は女性をはねた後、信号待ちの車3台に衝突して止まった。容疑者を含む5人がけがをした。