行方不明の新幹線作業員を発見 JR東日本、詳細明らかにせず

 

 JR東日本は24日、東北新幹線の線路保守作業中の22日未明から行方不明となっていた男性作業員が24日未明に見つかったと明らかにした。JR東は「本人から家族に連絡があった。発見場所は線路上ではない」と説明。詳細は明らかにしていない。

 JR東によると、22日午前3時25分ごろ、大宮―小山間で男性作業員と連絡が取れないことが判明。線路内にいる可能性があったため速度を落として運転するなどした。東北と上越、北陸新幹線に運休や最大約1時間10分の遅れが出て、約2万3300人に影響した。

 JR東は当初、現場で作業をしていたのは6人と説明していたが7人だったと訂正した。