職員自殺、新潟市に賠償命令 不慣れ業務で追い詰められ

 
 新潟市水道局職員に関する訴訟の判決後、「勝訴」をアピールする原告側弁護士=24日午後、新潟地裁前

 2007年に新潟市水道局職員の男性=当時(38)=が自殺したのは業務で精神的に追い詰められたのが原因として、遺族が新潟市に約7900万円の損害賠償を求めた訴訟の判決で、新潟地裁は24日、市の注意義務違反を認め、計約3500万円の賠償を命じた。

 判決理由で島村典男裁判長は、男性は不慣れな業務の中で、上司からの叱責などを恐れ精神的に追い詰められたと指摘。上司は職場の円滑なやりとりが行えるような措置をしておらず、「市に注意義務に違反する過失があった」と認定した。