冬到来、電気暖房器具の火災注意 可燃物接触やコード異常点検を

 
 再現実験で燃える、こたつ布団(NITE提供)

 製品評価技術基盤機構(NITE)は24日、冬の到来で使用機会の増える電気ストーブやこたつなど電気暖房器具での火災に注意するよう呼びかけた。ヒーター部に可燃物が接触したり、電源コードの異常を放置したりすることで火災につながると指摘、「火を使わず安全そうに見えても、使用上の注意をよく確認し、事前に点検してほしい」としている。

 NITEによると、2017年度から21年度までの5年間に発生した電気ストーブやこたつの事故は計347件で、うち死亡事故は26件あった。