保存の仕組み不十分だったと最高裁事務総長

 

 少年事件の記録廃棄問題で、有識者委員会の初会合が25日、最高裁で開かれ、最高裁の堀田真哉事務総長は「適切な記録保存の仕組みが十分でなかった。国民の皆さまに申し訳なく、率直に反省しなければならない」と述べた。