禁止命令後「携帯に絵文字きた」 女性殺害疑いの男が虚偽説明

 
 送検のため福岡・博多署を出る寺内進容疑者=20日午前9時21分

 福岡市のJR博多駅近くで会社員川野美樹さん=当時(38)=を刺殺したとして、殺人の疑いで逮捕された元交際相手の寺内進容疑者(31)が、ストーカー規制法に基づく禁止命令が出された後の昨年12月、福岡県警に「川野さんから携帯電話に絵文字が送られてきた」と連絡していたことが20日、県警への取材で分かった。

 県警が川野さんに確認したが、絵文字を送った事実はなかった。県警は寺内容疑者が虚偽の事実を伝えてきた意図を調べている。県警はその後10日間、川野さん宅などへのパトロールを強化した。

 県警によると、容疑者は昨年10月に警告を、翌11月に禁止命令を受けていた。