反年金改革デモに112万人 仏、政府に逆風強まる

 
 19日、フランス・パリで、政府の年金制度改革案に反対するデモ参加者(ゲッティ=共同)

 【パリ共同】フランス内務省は19日、政府の年金制度改革案に反対して国内各地で同日行われたデモの参加者が計約112万人だったと発表した。地元メディアが伝えた。改革案は、年金の支給開始年齢を62歳から64歳に引き上げることが柱。デモが100万人を超す規模となったことで政府への逆風が強まった。

 マクロン政権は1期目にも年金制度の収支均衡を図る改革に取り組んだが、2019年12月から続いた国鉄職員らのストライキなどで断念に追い込まれた。当時、1回目のデモ参加者は約80万人だった。次の一斉行動日は今月31日に予定される。