米の支援、共和党反発で難航も CIA長官がウクライナ極秘訪問

 

 【ワシントン共同】米紙ワシントン・ポストは19日、中央情報局(CIA)のバーンズ長官が先週末にウクライナを極秘訪問し、ゼレンスキー大統領らと会談したと報じた。当局者らの話としている。米下院で多数派を握った野党共和党内でウクライナ支援に消極的な議員がいるのを踏まえ、軍事支援継続が今後難航する恐れもあるとの考えを伝えたという。

 トランプ前大統領に近い共和党の一部下院議員は「米国第一」を掲げてウクライナよりも国内経済対策を優先すべきだと主張している。

 バーンズ氏は、侵攻を続けるロシアが今後どのような軍事作戦を展開するかについての分析もゼレンスキー氏に説明した。