水死体は和歌山県内の50代男性か

 

 和歌山市内の放置車両と近くの川で切断遺体が入ったキャリーケース二つが見つかった事件で、車両で見つかった免許証が和歌山県内の50代男性のものだったことが20日、和歌山県警への取材で分かった。県警は同じ川から水死体で発見された男性とみている。