維新・前川氏が控訴 公選法違反、罰金刑に不服

 
 衆院議員前川清成被告

 2021年10月の衆院選で公示前に選挙協力を依頼する文書を不特定多数の有権者に送ったとして公選法違反の事前運動などの罪に問われた日本維新の会の衆院議員前川清成被告(60)=比例近畿=は20日、罰金30万円、公民権停止5年とした18日の奈良地裁判決を不服として控訴した。被告側は無罪を主張している。

 選挙協力を依頼する文書を公示前に被告が母校・関西大の卒業生らに送付した行為の違法性が争われた。送付した相手が支援者であれば、公示前でも「立候補の準備行為」で合法とされる。送付相手に関し被告側は「支援を期待できる人たちで合法」と主張したが、判決は「被告と全く接点のない者」で、支援を期待できる人たちとは言い難く、違法な事前運動などに当たると判断した。