財務相、公費負担の在り方考える コロナ5類移行で

 
 鈴木俊一財務相

 鈴木俊一財務相は20日の閣議後記者会見で、岸田文雄首相が新型コロナウイルスの感染症法上の位置付けを季節性インフルエンザと同等の「5類」に引き下げると表明したことに関し、医療費などへの「公費負担の在り方を考えていくことになる」と述べた。

 国は新型コロナについて、医療費や病床確保などの医療提供体制の拡充に巨額の財政支援をしている。鈴木氏は「他の疾病との公平性の観点も踏まえ、関係省庁と議論していきたい」と語った。