午前に近隣住民が被害女性目撃 東京・狛江の強盗殺人

 
 大塩衣与さんの遺体が見つかった現場の住宅=20日午後2時53分、東京都狛江市

 東京都狛江市の住宅で住人の大塩衣与さん(90)が遺体で見つかった強盗殺人事件で、大塩さんが当日の19日午前10時半ごろ、自宅近くで近隣住民に目撃されていたことが20日、警視庁調布署捜査本部への取材で分かった。19日夕に死亡しているのが見つかっており、捜査本部は被害に遭った時間の特定を進め、死亡時刻や不審者の目撃情報などを調べている。

 茨城、栃木、埼玉、千葉、神奈川各県では今月、数人の男による強盗致傷や窃盗などの事件が相次いで発生。各県警は強盗グループが関わっているとみており、捜査本部も狛江市の事件との関連を調べている。