東京・狛江の強殺、数人で襲撃か

 
 強盗殺人事件の現場となった住宅近くに集まる捜査員ら=21日午前、東京都狛江市

 東京都狛江市の住宅で住人の大塩衣与さん(90)が遺体で見つかった強盗殺人事件で、室内に4種類の足跡が残されていたことが21日、捜査関係者への取材で分かった。警視庁調布署捜査本部は少なくとも4人で侵入し、大塩さんを襲ったとみて捜査している。

 茨城、栃木、埼玉、千葉、神奈川の5県では今月、数人の男による強盗致傷や窃盗などの事件が相次ぎ、各県警は強盗グループが関わっているとみている。捜査本部は狛江市の事件との関連を調べている。

 大塩さん宅の近くから不審な白っぽい車両が東方向に走り去る様子が付近の防犯カメラに写っていたことも判明した。