中国で実刑の2邦人帰国 「スパイ罪」刑期満了

 

 【北京共同】中国山東省と遼寧省で2017年に「スパイ活動」をしたなどとして当局に拘束され、いずれも懲役5年6月の実刑判決を受けた70代の日本人男性2人が刑期満了で出所し、昨年12月から今月にかけて相次いで帰国したことが21日、日本の外務省関係者への取材で分かった。

 同省関係者によると、1人は17年3月に山東省煙台市で捕らえられ、国家機密情報を窃取した罪で服役。もう1人は17年5月に遼寧省大連市で拘束され、スパイ罪で収監されていた。

 中国は14年、反スパイ法を施行。15年以降、少なくとも16人の邦人拘束が判明し、9人が懲役3~15年の実刑判決を受けた。