全豪、青山・柴原組3回戦へ

 
 女子ダブルス2回戦でポイントを奪いタッチする青山修子(左)、柴原瑛菜組=メルボルン(共同)

 【メルボルン共同】テニスの全豪オープン第6日は21日、メルボルンで行われ、女子ダブルス2回戦で前回大会4強の第10シード、青山修子、柴原瑛菜組がナディア・キチェノク(ウクライナ)キンバリー・ジマーマン(ベルギー)組を6―2、6―2で下し、3回戦に進出した。

 混合1回戦は昨年全仏オープンを制した柴原、ウェスリー・コールホフ(オランダ)組が地元オーストラリアのペアにストレート負け。

 男子ダブルスの西岡良仁、マクラクラン勉組、女子ダブルスの内島萌夏、王欣瑜(中国)組はともに2回戦で敗退した。

 男子シングルスではノバク・ジョコビッチ(セルビア)が4回戦に進んだ。