園児の顔にひげや眉毛を落書き 保育士らSNSで写真共有

 

 静岡県沼津市は21日、市内の保育施設で、所長や保育士数人が園児の顔に水性ペンでひげや眉毛を落書きするなどの不適切な保育を行っていたと明らかにした。市は施設に是正を指導し、児童福祉法に基づく立ち入り検査を実施する方針。

 市によると、0歳児の頬を引っ張ったり、ハロウィーンイベントで怖がる園児を追い回したりするなどの行為もあった。職員は行為の写真をSNSで共有していた。2022年10月ごろまでには行われていたとみられるが、詳しい時期は分かっていない。

 施設の職員と保育士が20日、市役所を訪れて市に報告し、発覚した。市は施設の名称などを明らかにしていない。