アーモンドミルク・ラーメン開発 グリコ、野口太郎シェフと協業

 
 江崎グリコと野口太郎シェフが協業して開発した「アーモンドミルク・ラーメン」

 江崎グリコは大阪・北新地で日本料理店を営む野口太郎シェフと協業し、アーモンド飲料を使った「アーモンドミルク・ラーメン」を開発した。食物繊維やビタミンが豊富で、健康志向の高まりを背景に、美容意識が高い女性らにアピールできると見込む。野口氏が展開する「野口太郎ラーメン」の北新地本店で、23日から期間限定で提供する。

 アーモンドを練り込んだ麺やアーモンドミルクを使ったスープなど、1杯に約18個分のアーモンドを使っており、濃厚な甘さや香りを楽しめる。提供は1日20食のみで、価格は1280円。インターネット通販でも販売する。