スマホに東京・狛江の強盗計画

 
 大塩衣与さんの遺体が見つかった現場の住宅=20日、東京都狛江市

 東京都中野区で昨年12月に起きた強盗傷害事件で21日に警視庁が逮捕した男が持っていたスマホに、東京都狛江市の大塩衣与さん(90)=19日に遺体で発見=の住宅での強盗計画のメッセージが残っていたことが21日、捜査関係者への取材で分かった。メッセージは18日に届いていた。

 千葉県大網白里市の強盗致傷事件の容疑者のスマホにも同様のメッセージが見つかっており、警視庁調布署捜査本部は、関東で相次ぐ強盗などの事件に同一のグループが関与しているとの見方を強めている。

 中野の事件は数人で昨年12月5日に住宅に押し入り、住人の顔を殴って約3千万円を奪ったとされる。