「一刻も早く核禁止条約参加を」 広島、原爆ドーム前で訴え

 
 原爆ドーム前で開かれた集会で核廃絶を訴える参加者=21日、広島市

 核兵器禁止条約の発効2年に際し、広島県の市民団体や被爆者団体が21日、広島市の原爆ドーム前で集会を開き、参加者は「日本政府は一刻も早く条約に参加し、核兵器のない世界に向けた努力を示してほしい」と訴えた。核廃絶を求めるアピール文を採択した後、市内をデモ行進した。

 広島県原爆被害者団体協議会と原水爆禁止広島県協議会が呼びかけ、約140人が参加。ロシアのウクライナ侵攻で核兵器の使用が懸念される現状に「強い危機感と憤りを感じる」として、条約の重要性を強調する声も上がった。