中国・春節の旅行先、日本は低迷

 
 春節の大型連休に入り、北京駅で出発を待つ乗客ら=21日(共同)

 【北京共同】中国で21日に春節(旧正月)の大型連休が始まり、新型コロナウイルス対策の抜本緩和を受けて海外で休暇を過ごす旅行客が昨年より増加する見通しだ。旅行先としては東南アジアが人気。日中関係は水際対策を巡って摩擦が激化し、中国からのインバウンド(訪日客)の本格的回復には程遠い。各国は中国からの入国者への検査を強化するなどして水際対策を強化している。

 中国疾病予防コントロールセンターの専門家は21日、中国の人口の約80%が既に感染したとの分析を発表。人口14億人のうち11億2千万人が感染した可能性があり、中国人の渡航先の各国が警戒を強めそうだ。