JR広島駅で探知犬導入を検討 国交省、G7テロ対策

 
 JR広島駅で始まった危険物探知犬の運用実験=21日午後

 国土交通省は21日、広島市で5月に開催される先進7カ国首脳会議(G7広島サミット)を見据え、JR広島駅で鉄道テロ対策の強化を目的に危険物探知犬の運用実験を始めた。JR西日本などと協力して導入を検討する。25日まで。

 国交省によると、火薬や爆発物に反応する探知犬3匹が駅の新幹線改札口付近を数時間巡回し、火薬臭のするテスト用の危険物を探す。利用者の手荷物を確認するとともに、犬への印象を聞くアンケートも実施する。

 国交省鉄道局危機管理室の浪岡輝係長は「G7に向け、鉄道のセキュリティーを高めていく必要がある」と話した。