千葉・匝瑳で鳥インフル陽性確定 採卵鶏14万羽を殺処分へ

 

 千葉県は22日、匝瑳市の養鶏場で発生した高病原性鳥インフルエンザ疑いの事例について、遺伝子検査の結果、陽性が確定したと発表した。県内の施設での発生は今季3例目で、県は飼育している採卵鶏約14万羽の殺処分を進める。

 県によると、21日正午ごろ、農場主から「普段より多い15羽が死んでいる」と保健所に通報があった。簡易検査で13羽のうち10羽の陽性が確認され、遺伝子検査で確定した。

 県は、この養鶏場から半径3キロ以内で飼育されている約75万羽の移動を制限、半径3キロ~10キロ以内の約44・8万羽を区域外に搬出することを制限した。