首相、総裁選前の衆院解散示唆 来年9月任期満了

 
 岸田文雄首相

 岸田文雄首相は22日放送のBSテレ東番組で、衆院解散・総選挙の時期に関し、2024年9月の自民党総裁の任期満了前に踏み切る可能性を示唆した。防衛費増額に伴う増税を含む政策を進めるため衆院選で国民の信任を得てから2期目に入るべきではないかと問われ「もちろんそうだと思う。ただそのためにも、まずは具体的に何をするのかが問われている」と述べた。

 首相は21年の自民党総裁選で、新総裁に就任した。任期は24年9月までの3年間となっている。衆院議員の任期満了は25年10月。