駅伝、長野が大会新で9度目V 都道府県対抗男子

 
 優勝し、胴上げされる長野のアンカー上野裕一郎=広島・平和記念公園

 第28回全国都道府県対抗男子駅伝は22日、広島市平和記念公園前発着の7区間、48キロで行われ、長野が大会新記録の2時間17分10秒で優勝した。20年に続く頂点で最多の優勝回数を9度に伸ばした。過去2年は新型コロナウイルスの影響で開催されなかった。

 長野は4区の山口竣平が区間新記録で先頭に立ち、5区の吉岡大翔(ともに佐久長聖高)も区間新で差を広げた。7区は立大男子駅伝監督を務める上野裕一郎(セントポールク)が逃げ切った。

 埼玉が25秒差の2位、東京が3位に入った。1区で長嶋幸宝(西脇工高)が区間新記録を樹立した兵庫は中盤以降に後退し8位だった。