西武の山川、WBC「夢の舞台」

 
 風船を口で膨らませながらロングティー打撃に取り組む西武・山川=沖縄県浦添市

 3月のワールド・ベースボール・クラシック(WBC)日本代表に内定している西武の山川穂高内野手が22日、沖縄県浦添市で練習を公開し「夢の舞台でプレーできるというのが一番の思い。相手うんぬんよりチームの最大限の力を出すだけ。(対戦相手が)メジャーリーガーだからといって臆することはない」と勇ましかった。

 昨季は本塁打王と打点王に輝いたが、より振り抜きやすくするため、バットの先端をくりぬいて15グラムほど軽くした。

 風船を口で膨らませながらロングティー打撃に取り組む姿も。腹筋への息の送り方を確認し「足がしっかり決まる打ち方」にするための工夫だという。