小3女児車にはねられ死亡、三重 運転の61歳男を逮捕

 
 三重県警本部

 22日午後1時45分ごろ、三重県四日市市楠町本郷の市道交差点で、自転車で横断していた近くの小学3年前原舞雪さん(9)が乗用車にはねられた。前原さんは頭を強く打ち、搬送先の病院で死亡が確認された。

 四日市南署は自動車運転処罰法違反(過失傷害)の疑いで、車を運転していた三重県鈴鹿市の建設業小掠直行容疑者(61)を現行犯逮捕した。逮捕容疑は運転中に前原さんをはね、けがを負わせた疑い。署は過失致死容疑に切り替えて捜査する。

 署によると、小掠容疑者は現場から事務所に戻る途中だった。「横断歩道を横断していた自転車に衝突した」と供述しているという。