障害者子育て支援の好事例調査へ グループホームの不妊処置受け

 

 北海道のグループホームで知的障害者が不妊処置を受けていた問題を巡り、加藤勝信厚生労働相は23日の記者会見で、障害者の結婚や出産、子育てを支援している好事例について調査研究を検討すると明らかにした。2023年度中に実施したい考え。

 障害者の結婚や子育てを支援している施設は、少なくとも全国に数カ所ある。調査研究の具体的な方法は今後詰める。好事例については自治体などに周知する方針。

 これとは別に厚労省は20日、全国の自治体に対し、障害福祉施設が不妊処置などをサービス利用の条件としている事案を把握した場合は、国に報告するよう求める通知を出した。