賃上げ水準で労使攻防、春闘巡り 好循環につなげると十倉氏

 
 2023年の春闘を巡って会談する経団連の十倉雅和会長(右)と連合の芳野友子会長=23日午前、東京都千代田区

 2023年春闘を巡り経団連の十倉雅和会長と連合の芳野友子会長が23日会談し、賃上げを実現するとの方向性で一致した。歴史的な物価高を背景に開幕した春闘でどの程度の賃上げが実現するのか、労使の攻防に注目が集まる。中小企業への波及も焦点となる。十倉氏は同日午後、東京都内で記者会見し「(物価高が)刺激になって日本社会が目を覚まし、賃金と物価の好循環につなげる好機だ」と訴えた。

 経団連によると、会談では、連合側から中小企業がコスト上昇分の価格転嫁に苦慮している状況や、新型コロナウイルス禍で打撃を受けた旅行業界は人手不足で業績回復が遅れていることなどが説明された。