AI技術が高度化、国際競争激化 24年版「科学技術白書」

 

 政府は11日、生成AIが急速に発展した背景や、国内外の研究開発動向、活用事例を特集した2024年版の「科学技術・イノベーション白書」を閣議決定した。多様化・高度化するAI技術が社会に与える影響は大きく、国際競争も激化していると強調している。

 AIに関する論文の数は世界で2010年以降3倍以上になり、IT大手や新興企業が技術革新を先導する米国と、大量のデータを持ち国家主導で戦略的投資をする中国が圧倒的だと指摘した。国内では人材や研究資金の確保など課題が多いとしている。今後、行政や製造業などさまざまな業界でAIの利用が進むことを念頭に、倫理的・法的・社会的課題への対応が必要だとした。