サッカー日本、シリアに5―0 W杯2次予選、6戦全勝

 
 日本―シリア 後半、チーム5点目のゴールを決める南野=エディオンピースウイング広島

 サッカーの2026年ワールドカップ(W杯)アジア2次予選は11日、広島市のエディオンピースウイング広島でB組最終戦が行われ、日本はシリアに5―0で快勝し、不戦勝を含めて6戦全勝で終えた。

 既にB組1位で最終予選進出を決めていた日本は前半に上田(フェイエノールト)が先制。堂安(フライブルク)の得点などで3点をリードして折り返すと、後半には相馬(カザピア)南野(モナコ)が加点した。世界ランキング18位の日本は同89位のシリアと11勝2分けとなった。

 9月に始まる最終予選は、2次予選を勝ち上がった18チームが3組に分かれて争われる。組み合わせ抽選は27日に行われる。