子育てNIE

小高に屋内型遊び場「NIKOパーク」 「動と静」2つの環境整備

 
ネット遊具などが配置された「動の遊び場」

 南相馬市小高区の屋内型子どもの遊び場「NIKOパーク」は3日、開所した。多様な遊び場を提供し、子どもたちの体力向上や健全育成などを目指す。

 施設はA棟「動の遊び場」と旧小高幼稚園を改装したB棟「静の遊び場」で構成。A棟ではネット遊具やボルダリングなどの遊具を設けている。B棟は落ち着いた環境で遊びたい子どもに配慮し、おもちゃや絵本をそろえた施設となっている。

 開所式では門馬和夫市長ら関係者が出席し、子どもたちと共にテープカットを行った。門馬市長は「常に笑顔があふれる施設になってほしい」と期待を込めた。

 利用は無料。利用時間は午前10時~同11時30分、午後1時~同2時30分、午後3時~同4時30分の1日3クールの入れ替え制。毎週火曜日と年末年始(12月29日~1月3日)は休館。新型コロナウイルス感染対策として、利用定員は当面の間、各クール先着75人(保護者含む)とする。問い合わせはNIKOパーク(電話0244・44・2215)へ。