SixTONES『月刊TVガイド』初表紙 リレー形式でオリジナル地図作りに挑戦

 
SixTONES『月刊TVガイド』初表紙

 人気グループ・SixTONESが、きょう23日発売の『月刊TVガイド2020年7月号』(東京ニュース通信社)の表紙に登場。SixTONESが同誌の表紙を飾るのは初となる。

SixTONESのTV出演情報

 2ndシングル「NAVIGATOR」のタイトルにちなんだ“進行役”と“地図”をテーマに、グラビア&インタビューを掲載。編集部お手製の大きな地図を使った撮影では、基本となる部分だけが描かれた状態に、メンバーが思い思いのイラストを描き足していくことでオリジナルの地図を作成した。

 ソーシャルディスタンスを守るため、1人ずつ順番に描いていくリレー形式での挑戦となったが、グループいち背の高いジェシーは大きな家をプラスし、煙突から上がる煙までしっかりと描き込み、一番高い場所を埋めていく。松村北斗は、大胆にダイナミックな線路を追加した。

 その次を担当した田中樹は「先に線路を敷いちゃうとさ、電車が変になっちゃうじゃん!」と、やや混乱(?)。リレー形式ならではのハプニングが起きつつも、丁寧に電車を付け加えていった。さらに「池の中に何かいた方がいいかな?」と、京本大我によるかわいい魚のイラストも描かれ、森本慎太郎、高地優吾(※高ははしごだか)も順調に描いていき、高地からは思わず「かわいい〜!」と歓声も上がるほど大満足な出来栄えとなった。

 そのほか、指さし棒を持ったカットの撮影では、森本が持ち方の豊富なバリエーションを披露。オリジナルの地図はもちろん、細かなポーズにも注目してほしいグラビアに仕上がった。インタビューでは、新曲にまつわるエピソードのほか、お気に入りの場所についても尋ね、人の家、ベッドの上、自然の中など、個性あふれる回答が出そろった。

 また今号には、デビュー2周年を迎えたKing & Princeも登場。貴重な蔵出しカットのほか、メンバーからなぞなぞの出題も行われる。なにわ男子、Aぇ! group、Lil かんさいが出演するドラマ『年下彼氏』の総力特集は、現場密着の独占カットや全話コンプリートの総まとめなどまさに永久保存版。

 そのほか、まもなく配信になる出演作への思いやステイホームの様子など近況をたっぷりと教えてくれた山下智久のインタビューや、丸山隆平のスペシャルグラビアにくわえ、Sexy Zoneの冠番組「Sexy Zoneの進化論」やジャニーズWESTの「パパジャニWEST」など注目番組の特集も。祭nine.の本誌独占グラビア&インタビューも掲載されている。